上海郊外では、他のアルバイトたちも静かに離れた

长宁和静安这两块面积加起来不及浦东新区二十分之一的“弹丸之地”,被打上“老上海”的烙印,占据了上海中心城区的重要位置。这里也是老洋房和顶级豪宅最密集的区域之一,与之匹配的是高昂的房价。在上海从事快消,金融等行业的白领和高管,大都会选择租在这里。 朱鹏观察到,市区的房子大都是房东亲自打理的,很少代理给中介:“他们几乎都是老上海,对自己的房有感情。”在静安从事8年房屋出租的一名房东透露,这里面积在50平方米左右的一室一厅,月租差不多就要8000元以上,“来这里租房的人,不差钱,主要是为了体验上海的生活”。 5月初,报复性涨价就在洋房上露出苗头。一套带有户外空间的小洋房,乔一刚在朋友圈发了照片,就有四五人来询价,“光看图片他们就想签合同”。最后,乔一拉了个“拍卖群”,价高者得。这套月租1.2万元的房子最后以1.6万多元的价格成交,“一部分房子的市价就是被旺盛的需求拉高的”。 笙艺新换了一套房,就是从好几个竞争者手中靠提前交订金抢下的。半小时后,中介告诉笙艺:“幸好你定得早,刚刚又有人找我签合同。”之前她还看中过另一套月租3000元的一居公寓房,结果网签之后,发现另有其人提早了3分钟签了同一套房,只能退单。 “二房东赚的就是租房差价。”朱鹏观察到,嘉定租房市场的议价权在这群人手中,“往往是房东在国外或者上海的别墅里享福,二房东用多少钱租给别人的,他们也不知道”。 李恬的房就是从豆瓣上的二房东手中租下的。一旦房租超过3000元,“赚钱就是为了成为房奴”。她的月薪在9000元左右,几乎都喂给了房租和生活费,很少有结余。这次涨价,她以公司分发租房补贴需要房产证为由,试图绕过二房东直接和房东谈价格。但二房东好像识破了她的策略:“房本我帮你向房东要,房租是不会变的。” 在上海,并非哪哪儿都在涨租。远离市区的普陀,青浦和崇明,不少区域房租的价格相较于3月前,跌了超过5%。这是年轻沪漂喜欢扎堆的地方,也是上海不少地铁线的最后一站。而青浦和崇明的不少村庄,连地铁也无法直达,只能乘坐专线班车。 但这里廉价的出租房对年轻务工者来说有着致命的吸引力。一名崇明的中介介绍,这里大部分二居室,都能以2000元的月租拿下,而在静安租一套二居室的价格,甚至能在崇明租下独栋的自建房。

需要の収縮は郊外の賃貸市場を冷え込ませた。青浦のある大家は、自分の二号室の価格を1800元から1300元に下げ、10日間も誰も聞いていなかった。普陀のある仲介業者は、自分も上海から「道を走る」つもりで、手に持っているいくつかの団地は、1ヶ月に3軒しか借りられず、「歩合はまだ1軒の賃貸料に足りない」。 誰かが受け入れ、誰かが去る 改善の需要が急増し、朱鵬は上海で8年近く暮らしてきたが、ワンルームの相場がこんなに熱くなっているのを見たことがない。彼とよく知っている仲介業者によると、封を切った後、多くの人がシェアハウスの弊害に気づいたという。ここ数日、感情が破綻し、矛盾が生じている。「報復的な値上げではなく、情緒的な消費だ」。 笙芸は急いで、彼女は部屋の写真をめくって渡した。「ほら、私たちは上下階の複式で、各階の2つの部屋で、一人当たりの使用面積も10平方メートルを超えていて、グループ賃貸ではありません」。 ボランティアは手を振って笙芸を空気にした。一番早く降りた笙芸は、階下で1時間以上待っていた。他の住民が物資を受け取った後、地面にはまだ数袋の押しつぶされた野菜が残っていた。ボランティアは地上の野菜を指して笙芸に言った。あなたたちの物資はここから取りなさい。 閉鎖制御期間中は、矛盾も刺激されやすい。張雨の部屋にはドアがなく、彼女は自由を失うと同時に効率も失った。5月、学校は卒論答弁を行い、張雨は毎日午前1、2時まで準備しなければならない。しかし、ルームメイトの歩き回る音に集中できず、「急に考えが出てきたのに、彼女たちが来ると、私は何を書いているのか分からない」と話した。 「封を切ったら、私は自分の家に引っ越します」これは笙芸と張雨の共通の心の声だ。しかし今、上昇した家賃は彼女たちをもう一度妥協させ、シェアハウスを続ける現実を受け入れざるを得ない。また、妥協できない人たちは、家賃の値上げが上海を離れる理由を与えている。 李恬剛は今のスイートルームで楽しい2ヶ月を過ごした。上海に来て3年、彼女はついに月給と同じ年末ボーナスを手に入れた。HRとのパフォーマンストークでは、今年の基本給は変わらないが、パフォーマンスの加点は倍になると言われた。その夜、同僚との飲み会も、今のこの家で開催されています。「ミニマム主義、スーツケースは逃げる」と奉行した李恬は珍しく家にゴブレットを6つ追加し、差は500元だった。 ただ、この「ハネムーン期」はすぐに過ぎ去った。6月1日、李恬は窓から見て、園区には出入りする車ができ始め、指導者は通知を出して、6月4日に全員が仕事を再開した。大家さんは労働者を呼んで、何人かの親方が応接間とベランダのサイズを細かく測って、内装案の検討を始めた。シェアハウスのルームメイトは「上海閉鎖制御が怖い」として、レンタルをキャンセルしようとしている。 李恬はこのスイートルームを離れることにした。「当時収納ボックスに物を入れるのが賢明な決定だったとは思わなかった」。彼女は上海を離れて故郷に帰る考えさえ芽生えた。

 上海郊外では、他のアルバイトたちも静かに離れた 热门话题

今年2月、李恬会社は1回人員を削減した。リストラリストのメールを受け取った時、李恬は仲のいい同僚と会社の食堂で食事をしていた。テーブルの上の麻辣香鍋は、15元で、安いどんぶりで、李恬さんと同僚が普段一番好きなものです。しかし、この時彼女は食欲がなかった。メールを開くと、李さんは何度もリストをめくったが、自分の名前はなかった。しかし、同僚はそんなに幸運ではなく、彼女は裁かれた。5月中旬、同僚は上海からの通行証を申請した。 上海郊外では、他のアルバイトたちも静かに離れた。5月15日、上海虹橋駅から12本の列車が発車され、6000人以上の乗客が上海を離れた。5日後、この数字は1万を超えた。上海チェーン広東式火鍋の創業者は、4月中旬の上海離れブームの中で、従業員の20%が生活のストレスで上海を離れたと毎日の人物に伝えた。「出勤しないと2500元の最低賃金しかもらえないのに、誰が耐えられるのか」。 李恬さんの同僚は、列車の中にいる人の多くは若い顔で、「多くの人は彼女と同じように、上海では安定した仕事がなく、生活に十分な給料がない」と話した。 張雨は家に帰ることを考えたことがないわけではないが、彼女はすでに上海のあるメディアのオフィサーを迎え、「ここで仕事ができたら、もう離れるのは難しい」と話した。 「現在、上海の労働力人口の50%はよそ者だ。この時こそ、都市に貢献している人たちにどうすればいいのか、彼らを残すことができるのかを考えるべきだ」。陸銘は言った。 権利侵害は必ず追及する


1e

发表评论

Copyright 2002-2022 by 茜申时尚百货品牌网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.